リップルの格付けはどうなった?

2018年1月24日仮想通貨の格付けが初めて発表されました。
アメリカの格付け期間では大手であるWeiss Ratingsというところの格付けです。

 

 

リップルの格付けは「C」という結果。

 

 

う〜んなんとも微妙な結果でしたね。

 

ちなみに格付けはAからEまで「+」と「−」も含めあるそうです。
「B」よりも「B+」のほうが評価が高く、「B‐」のほうが評価が低くなります。

 

そして今回の格付けではAは無し。時価総額が高い中で一番高い格付けをもらったのはイーサリアムで「B」の評価でした。

 

ビットコインは「C+」という評価。ネムも「C+」の評価をつけられています。
ビットコインキャッシュは「C-」でした。

 

 

B以上の評価ではこの通貨は買って良しという評価
Cでも合格点はあり、保有していてOK
D以下は売ったほうが賢明だろうという評価

 

 

あくまで格付け機関の評価なので参考程度にといったところですが、多くの投資・投機家がこの参考を見ていますので影響は少なからず受けてくると思います。

 

リップルに関してもとりあえずの合格点はもらっていますので思ったほどのダメージはないと思いますが、リップルより評価の高いイーサリアムなどに資金が流れていく可能性は否めません。

 

格付け発表から半日ちょっと経ちましたが、やはりイーサリアムは少し値を伸ばしていてリップルは伸び悩んでしまっています。

 

 

でも個人的にリップルを応援しているリップラーとしては今までと何ら変わらず保有していきます。価格に関しても長期で見ているので、こういう発表の上げ下げはさほど気にしないようにしています。

 

 

引き続きリップルを中心に仮想通貨の動きは注視していこうと思います。

リップルの購入や換金はここ

金融庁の仮想通貨交換業者に登録されているGMOコイン
GMOコインはこちらから

GMOインターネットグループの一つで安心して購入できます
即時入金、出金が無料