私がリップルをガチホできる理由

このブログでもたびたび書いていますが、私は生粋のリップラーです。リップラーとはリップルを保有して推している人のこと。

 

実際にリップルを買ってからというもの完全にガチホ(ガッチリホールド)しています。実際に1XRP=400円になっても全く売ろうと思いませんでしたし、現在90円付近で推移していますが悲観もしていません。

 

たまーに情報を取っているときに掲示板やチャットなどを拝見するのですが、ほぼほぼ投機している人の会話ですよね。なので少しの値動きで一喜一憂しているような書き込みが多いです。

 

 

そんな中私がなぜリップルをガチホしているかというと、リップルに将来性を感じているからに他なりません。本とこれだけの理由といっても過言ではないくらいです。私は投機ではなく投資している気持ちなので超長期で考えています。

 

リップルは本当に金融業界に革命を起こそうとしていると見ています。それはリップルとの提携先やリップルネットワークへの参加意向を示しているところを見てもわかります。

 

例えば

  • イギリスの中央銀行
  • インドネシアの中央銀行
  • シンガポールの中央銀行

などなどまだほかの国の中央銀行や中央銀行以外の銀行も多数あります。

 

 

一国の中央銀行がリップルとの提携やリップルネットワークへの参加意向を示している状況です。日本でいえば日本銀行。これってものすごいことだと思いませんか?

 

また国内でも

  • 住信SBIネット銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行

などなど50行以上が参加しています。
特にSBIグループの北尾社長は「SBI Ripple Asia」を立ち上げるなどリップルを非常に押しているのがわかります。

 

余談ですが個人的には早くSBIの取引所をオープンしてもらいたいです。

 

 

実際動いてみないとわからないような情報もありますが、これだけの情報をみてもすごい将来性があると感じます。

 

まだまだすごい会社や機関との提携の情報が発表されています。噂レベルのものもありますが、リップル公式のツイッターでつぶやかれたりもしますのでそちらは間違いないでしょう。

 

 

技術的な面でも申し分なく、リップルを使うと送金も世界どこでも数秒で行うことができます。今までは日本からアメリカに送金するとなると早くても数日。遅いと一週間ほどかかっていましたが、リップルを使うと数秒で送ることが可能になります。

 

 

とにかく現在の金融業界に革命を起こせるのではないかという期待を感じさせてくれるのがリップルだということです。

 

 

以上のことから保有しているXRPはこれからもガチホしていきます。
売却はリップルが動き出してからゆっくり考えます。

 

リップルを購入するならまずは口座開設から
リップルの購入方法

 

ちなみに保管先はコールドウォレットとLedger NanoS (レジャーナノエス)です。
取引所に高額を預けている方は自分で保管したほうが安全です。


 

 

ここまでいろいろと書いてきましたが、個人的な見解ですしリップルが何らかの理由でぽしゃることもあるかもしれません。
投資にリスクはつきものですし自己責任でよろしくお願いします。

 

 

リップルの購入や換金はここ

金融庁の仮想通貨交換業者に登録されているGMOコイン
GMOコインはこちらから

GMOインターネットグループの一つで安心して購入できます
即時入金、出金が無料