仮想通貨の税金に関して

今年もまた確定申告の時期がやってきました。
今月に入ってからというもの仮想通貨の税金に関する記事をよく目にするようになっています。

 

私が推しているリップルをはじめとする仮想通貨の税金に関して書いていこうと思います。

 

仮想通貨にかかる税金ですが、現在はとても高いです。
雑所得扱いとなるので最大約55%(所得税45%+住民税10%)の税金がかかってしまいます。

 

しかも雑所得は年度をまたいだ損を計上できなかったり、所得と合算されるなど私たち投資家としてはかなり不利な税率です。このあたり詳しく知りたい方はググるか税理士さんに相談してください。

 

 

同じ投資でも株やFXと違うところで注意が必要ですね。
株やFXは優遇されていて一律20%の税金で済みます。
(ちなみにFXでも仮想通貨FXとよばれているものは税率優遇はありません)

 

 

億り人などと言われている人たちは半分以上税金で持っていかれるということですね。
つまり日本で仮想通貨投資をする以上「本物の億り人」になりたいのであれば少なくとも利益が2億2300万円以上となっていないと、手元に億以上のお金が残らないということになります。

 

 

かなり不利だと思うかもしれませんが、日本に住んでいる以上この税金はしっかりと納めないといけません。
海外取引所などを使っていても同じです。この税金を納めないでいると、延滞税や重加算税などがかかって利益のほとんどを持っていかれるようなこともありますので、しっかりと納めるようにしましょう。

 

 

 

仮想通貨で税金がかかる人は

  • 仮想通貨を売却して利益が出た人
  • 仮想通貨で仮想通貨を購入した人
  • 仮想通貨でモノを購入した人

大きく分けてこの3つかと思います。

 

リップルで説明すると

 

リップルを30円で100万円分買って90円ですべて売却したとします。
300万円売却していて、最初に購入した金額100万円を引いた分が利益となりますので
利益の200万円に税金がかかります。

 

またリップルを30円で100万円分買って、90円になったときにビットコインにすべて変えたという場合。
これも上記と同じようにリップルで見ると200万円分の利益が出ているので利益となる200万円に税金がかかります。

 

 

このように仮想通貨で仮想通貨を購入した場合やモノを買った場合にも税金がかかります。

 

 

私の場合ですが、リップルを購入していますが今年仮想通貨でかかる税金は0です。
なぜかというと、購入して以来売却もしてなければ他の通貨に換えてもいないからです。

 

リップルを購入→ガチホ

 

この場合は含み益はあっても利益確定していないので税金がかかりません。

 

 

先日リップルをガチホできる理由という記事を書きましたが、ガチホしている理由の一つに税金があります。
もし仮想通貨も税率が20%だったなら1XRP=300円を超えてきたあたりから少しずつ利確も考えていたと思います。

 

 

今後仮想通貨の税率が変わるかどうかは全く分かりません。
去年取引した方で税金がかかる方はもう変えられないので、しっかりと税金を納めてください。
今後取引する際にはしっかりと税金のことも考えて取引するようにしてください。

リップルの購入や換金はここ

金融庁の仮想通貨交換業者に登録されているGMOコイン
GMOコインはこちらから

GMOインターネットグループの一つで安心して購入できます
即時入金、出金が無料