リップルの格付けが上がった

アメリカの格付け機関Weiss Ratingsが発表している仮想通貨の格付けですが今回変更があった模様です。

 

2018年1月24日にはじめて発表された仮想通貨の格付け。その時のリップルは「C」という格付け結果でした。

 

今回変更があり、リップルの格付けは「B+」へとあがった模様です。

 

 

市場価格もそこまで反応は示していない模様ですし、1か月ほどでここまで変わるのですからある意味そこまで気にする指標ではないと思っています。最初に発表された時も思ったほど反応は示しませんでしたし。

 

 

ただこういう指標でも評価が上がるというのはうれしいニュースですよね。今1XRP=100円前後で推移していますが、騰がるきっかけの一つになる可能性がありますし。最近はいろいろ提携などの情報が出ても動きが少ないですが。

 

コインチェックの問題もまだ解決していませんし、現在は仮想通貨に関しては疑念を抱く人も多い状況です。逆をいえば今が仕込み時ということもあります。急に暴騰したり暴落する危険性もあるので、個人的には買ったら放置ということができれば一番良いと思っていますが。

 

2月も今日で終わりですが、リップルとしては12月から1月初めまでの暴騰からの暴落を経験して少し落ち着いてきたかなという状況でしたね。今後大きく動くのは3月のG20が終わったあたりかなともいわれていますよね。どういう流れになるかは全く予測がつきませんがしっかりと握っておきたいと思います。

リップルの購入や換金はここ

金融庁の仮想通貨交換業者に登録されているGMOコイン
GMOコインはこちらから

GMOインターネットグループの一つで安心して購入できます
即時入金、出金が無料